パンリプールについて

<活動日>
日時:毎第1・3土曜(変更の場合あり) 15:00-17:30
場所:東京都目黒区目黒4-6-6バライ・インドネシア M2F体育館
問い合わせ先:panglipurjapan ℗ outlook.jp
*メールでお問い合わせの際は、℗ を@に変換してください。

詳細についてはパンリプールのホームページをご覧ください。

<パンリプールとは >
プンチャック・シラットには、4つの要素のすべて、またはいくつかが含まれています。
1.護身術
2.演武
3.メンタルスピリチュアル
4.競技シラット
一口にプンチャック・シラットとくくっても、流派によって得意分野が違うところもあり、一見練習を見ると全く違う格闘技のように感じることもあります。私たちの流派、パンリプールは特に演武に力を入れている流派です。

<芸術性の高い演武 >
民族音楽を伴い、舞踊の影響も受けている格闘技、パンリプールの演武。
一見”踊り”のようにも見えるプンチャック・シラット演武ですが、一つ一つの動きは護身術の技から構成されています。シラットの演武、インドネシア語では”スニ”といいます。”スニ”とは本来 “芸術” を意味しています。
格闘の技、舞踊、音楽が融合し、時にバティック模様の腰布や頭布を着用して演武する”スニ”は、”芸術”の色合いが濃く見受けられます。
護身術の技、リズム感、力強くそして時に柔らかく魅了させる動きを身につけていきます。

<映画アクションシーンで活躍>
最近映画のアクションシーンに、プンチャック・シラットを取り入れるものが増えてきました。理にかなった技を力強く格好よく魅せ、リズム感を与え、躍動的に動く。
プンチャック・シラットのそのような演武が、アクションシーンに華やぎを添えているようです。
現地インドネシアのパンリプールの先生方には、アクション俳優や演技指導を行い、日本人俳優との共演をはじめ、米映画に出演している方も多くいます。
またパンリプールは、プンチャック・シラット世界大会でもメダリストを多く輩出し、様々な国際大会のオープニングセレモニーなどで演武を披露してきた流派です。

<練習について>
パンリプールの会員になった方は、パンリプールの練習、そして希望者は日本プンチャック・シラット協会が行う、競技プンチャック・シラットの練習にも参加することができます。
パンリプールの練習では、伝統流派パンリプールに則った練習をします。
競技プンチャック・シラットでは、異なるルールを持つ伝統流派どうしが競えるように作られた、国際的な共通ルールに則った練習をします。日本代表として、プンチャック・シラット世界大会などの国際大会に出場できる道が開かれます。
日本プンチャック・シラット協会に加盟している流派の会員が、どなたでも無料で参加できる練習です。競技プンチャック・シラットについての詳細は、競技プンチャック・シラットの項目をご覧ください。

<無料体験・見学受付中>
一緒にプンチャック・シラットをやってみませんか?
随時生徒募集中です。
スポーツ・武道経験の有無を問わずにご参加いただけます。
まだ日本ではほとんど知られていない伝統的なプンチャック・シラット。
まずは、どのようなものか体験してみてください。
パンリプール、競技プンチャック・シラットともに、初回無料体験・見学を行っていますので、お気軽にどうぞ。
パンリプール諸経費 : 月謝:3000円
その他必要経費:スポーツ保険 1850円/年度、道着一式 3500円
練習日の確認や詳細をお伝えしますので、事前に各”問い合わせ先”までご連絡をお願いします。

その他詳細は、パンリプールホームページでご覧ください。
http://panglipurjapan.wix.com/silat

バライ・インドネシアへの行き方
目黒駅西口より徒歩約15分。 (目黒通りを山手通り方向に直進し、横断歩道橋を過ぎた最初の角にある骨董屋さんを右折、突当りを左折) バス利用の場合は、目黒駅西口より東急バス(どれでも可)に乗り、3つ目のバス停「元競馬場」下車、徒歩2分。